大人の思考空間

お問い合わせ

人生の終末を迎えるにあたって、体力の衰えは避けることができません。介護予防は大事ですが、もし介護になった場合も想定して家族で話し合う必要があります。同時に、誰にも訪れる死の準備も必要になります。人生80年時代を迎え、介護の問題と終末期を豊かに暮らす方法を考えます。

介護・終活講座

終活とは大きく3つのキーワードで表現することができます。

 1. これまでの人生の総括
 2. 生活用品や資産の身辺整理
 3. 死ぬまでと死後の行動計画

3つのキーワードに共通するのは、積み上げてきた雑多な資産(動産・不動産・知的財産など)をスリム化して自分と家族に「見える化」する作業です。その結果として、残された人生をどう生きるのかを考える、あるいは具体的計画をどう実現するのかを考える「人生の第2ステージ」を有意義に過ごすための転換点の作業であるということができます。

終活の目的とは~積み上げた歴史の身辺整理・第2~3の生活設計・自分自身のアイデンティティ追求の旅 終活の目的として一般的に2つの項目が挙げられていますが、新聞de元気山口編集La★boはもう1つ加えて3つのキーワードを軸に終活を考えていきます。

 1. 家族や身内への負担を最小限にする(生前・臨終・死亡後)
 2. 残りの人生の質を高める生き方を見つける
 3. 自分とは何か?アイデンティティを追求する

1と2はそれぞれ表現は異なりますが、一般的な終活の定義として挙げられています。新聞de元気山口変種La★boが加えた「自分とは何か?アイデンティティを追求する」という点は、死を迎える前に自分自身に問いかけ、さらに家族にも1つの記憶として残していただきたい「個の確立」というテーマです。
それでは、1つずつ解説していきましょう。

つづきはこちら(新聞de元気終活講座)


永代供養・樹木葬・マンション型納骨堂を探す

終活講座~豊かなセカンドライフと人生の終え方

山口市の終活講座です。終活のテーマは「元気に生き抜くこと」と「葬儀や相続など死後の準備をしておくこと」の2つがあります。共通するのは「家族が困らないように対策を講じておくこと」。
そのためにも、まず自分のアイデンティティを確立しておきましょう。自分は何のために生まれてきたのかを定義すれば、死の準備も恐れずに開始することができます。目的や準備しておく10の項目について解説します。 新聞de元気の終活講座はこちら

INFORMATION

2018-10-01
新聞de元気の終活講座を開始します! 終活講座はこちらで詳しく解説
2018-09-26
在宅介護用品や栄養バランスを考えた介護食を掲載しています! 豊かな介護ライフのページへ

車いすの安全と安心の介護生活!

人気車いす

在宅介護は本人はもちろん家族の負担も大きくなります。しかし、一緒にドライブしたり買い物に行くことでお年寄りも元気になるものです。介護負担軽減を考えながら、家族の一員として暮らせるしくみを提案します。 介護負担の軽減対策はこちら

割れない鏡とガラス製品専門shop

割れない鏡・姿見スタンドミラー

災害経験者の多くが、被災した家屋から外に避難するときに「靴が必要だった」と指摘しています。防災グッズをそろえていても、履物を用意しておかなければガラス片などの飛散もあり裸足では歩けない状態になります。身の回りにある、ガラス製品の安全性についてもう一度考えてみることにしましょう。 割れないガラス専門shopはこちら

羽毛布団の打ち直しリフォーム

研修会開催リーダー

ほんわかした布団で寝れば、疲れも取れます。布団は汗やダニなどの汚れが溜まります。日々の日干しや掃除機による吸引だけでも効果がありますが、何年も使い続けたらやっぱり布団のリフォームは欠かせません。布団のリフォームや寝具のことなら何でも揃う布団の打ち直しリフォームの専門コーナーです。 布団の打ち直し専門shopはこちら

人気座椅子の専門店

自然工房といだがわ

お洒落でカワイイクッションサイト専門コーナーです。座椅子でリラックス。冬場はこたつも登場するので、床上でゆっくりとくつろぎたい時間が増えます。赤や青など原色のデザインとともに、人間工学に基づいた高機能の座椅子まで豊富に揃っています。 人気の座椅子専門shopはこちら

大人の思考空間めるまが 宇宙の果てはどうなっているの? こちらで紹介

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

[広告]生活が変わるおススメ商品

  • 各種団体活動と広報戦略
  • 議員活動と情報戦略
  • 町内会活動と趣味の活動
  • 販売促進と営業活動
  • 社内報編集と企業情報誌

編集事業リンク

ページのトップへ戻る